fc2ブログ

「狼の帝国」ジャン=クリストフ・グランジェ (東京創元社)

一見,何の関係もないと思われ同時並行的に語られる二つの事件,それが,物語が進行するにつながりが見えてきて,ある時点で重なるというストーリー展開は,よく使われ目にすることが多いが,本書も基本的にそのスタイルを踏襲している。

一方は,夫をはじめとする身近な人の顔がフランシス・ベーコンが描く絵のように溶けて流れ出すという奇怪な症状に悩まされる女性の話,他方は,パリに不法滞在するトルコ人の女性3人が,無残にも顔を潰されて殺される事件が次々と起きるという話。

一方は,女性自らが謎を解明すべく動き,他方は若き刑事が引退した伝説の刑事の協力を得ながら捜査を開始する。

過去の記憶を消去,新たな記憶を注入する技術,人の顔を造り変える整形技術,トルコや近隣諸国の民族問題といった話題を盛り込みながらの,スピード感溢れる物語は,読者を飽きさせない予想外の展開で楽しませてくれる。

狼の帝国

今日の日付入りカレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
シンプルアーカイブ
リンク
FC2カウンター