fc2ブログ

Super Trio「Happy Hour」

Super Trio「Happy Hour」の紹介。

本アルバムは,ライブ演奏。

ピアノはややメロディアスさに欠け,ベースは電気的なボコボコ音であるが,ライブ演奏ということもあってか,とてもスイングする楽しいノリノリの演奏を味わうことができる。

以前紹介したアルバムはここ



Dirk Raufeisen (p)
Jimmy Woode (b)
Charly Antolini (ds)

#01 C-Jam Blues
#02 There'll Never Be Another You
#03 Lover Man
#04 Bag's Groove
#05 Battle Hymn Of The Republic
#06 Happy Hour
#07 The Man From Potter's Crossing

July/1/1994 (Gema)

#01-ベースがテーマを奏でるアップテンポの演奏。ベースソロ,ドラムとのチェイスがある。(拍手)
#02-アップテンポの演奏。ベースソロ,ドラムとのチェイスが入る。(やや長い拍手)
#03-ピアノソロ。(拍手+曲の紹介)
#04-ミディアムテンポの演奏。やや長いベースソロあり。(拍手)
#05-ミディアム〜スローテンポの演奏。ベースソロが入る。
#06-ピアノソロ。(拍手)
#07-2分を超えるベースソロで始まるミディアムテンポの演奏。6分からアップテンポの演奏になる。長いベースソロがある。(拍手)

★★★★

Orthodox
Medium
Middle

今日の日付入りカレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
シンプルアーカイブ
リンク
FC2カウンター