FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この声が届く先」S. J. ローザン (創元推理文庫)

ビルにかかってきた一本の電話。

電話機からは「おまえのガールフレンドは誘拐されたのさ」という犯人の声が流れる。

ビルは探偵稼業のパートナーであるリディアを救い出すべく,正体不明の犯人が提示するヒントを手掛かりにニューヨークの街を駆け巡る。

この物語,中国系移民の血をひくリディア・チンと,アイルランド系白人のビル・スミスの二人の探偵コンビを主人公とするシリーズの第11作目。

これまでのシリーズにはないアクション満載のタイム・リミット物特有の緊張感溢れるストーリー展開は言うに及ばず,リディアの血縁者で18歳にしてコンピュータ・セキュリティ会社を経営する青年,その友人で身体能力に優れる女性,リディアの友人で女刑事,途中から関わってくる売春組織の元締めと二人の用心棒といった脇役が難とも魅力的で楽しめた。

このシリーズの白眉は第8作目となる「冬そして夜」であると断言する。

主人公の探偵の妹家族が暮らす小さな街を舞台にした物語で,フットボールというスポーツが街の人々の生き方まで左右している実態が描かれている。

この声が届く先

スポンサーサイト
今日の日付入りカレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
シンプルアーカイブ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。