fc2ブログ

「模倣の時代 (上・下) 」板倉聖宣 (仮説社)

脚気という病気に対する治療と原因追及の歴史であるが,本の題名のように模倣の時代における創造とは何か,模倣の時代にあって創造することがいかに難しく困難であるかを,江戸時代末期から明治時代の脚気に対する日本人の取り組みを通して描いた本である。

著者の板倉聖宣という人は科教協の中心的人物で仮説実験授業というユニークな教育方法の提唱者でもあるが,科学史に関する面白そうな本を他にも書いており,彼の書いた他の本も読んでみたくなった。

模倣の時代上jpg 模倣の時代下

今日の日付入りカレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
シンプルアーカイブ
リンク
FC2カウンター