fc2ブログ

「アムトラック66列車強奪」クリストファー・ハイド (文春文庫)

古来,スピード感に密室性,それに多種多様な人物の登場ということで鉄道を舞台にしたミステリー小説や映画が数多く作られているが,本書もアメリカの有名な鉄道であるアムトラックを舞台にしたハイジャック物である。

ナイト・アウル号に積まれたお金を奪おうとする強盗グループが,鉄道マニアや退役軍人,そして,旅行好きの老夫人など個性的な乗客の力を借りて,資金調達の目的でナイト・アウル号をハイジャックしたテロリストグループと戦い勝利を収めるまでが,まさに新幹線並のスピードで進行する。

素人がプロのテロリストと互角以上に戦うことや,戦いに勝つために必要な人間が列車に乗っていることなど,多分に御都合主義的な面がないわけではないが,このような物語に現実性云々を問題にすること自体が間違っており,壮大な法螺話として楽しめれば充分である。

アムトラック66

今日の日付入りカレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
シンプルアーカイブ
リンク
FC2カウンター