FC2ブログ

「ムーンライト・マイル」デニス・レヘイン (角川書店)

第4作「愛しき者はすべて去りゆく」の物語から12年後,主人公のパトリック・ケンジーの前に再び現われた女性は,12年前に行方不明の4歳の姪アマンダを捜すことをパトリックに依頼した女性であった。
その女性と会った直後にパトリックは暴漢にアマンダと関わりを持つなと脅迫される。しかし,十二年前の事件での決断,行為が果たして正しかったのかと悩み続けてきたパトリックは,パートナーであった妻アンジー,そして,二人の娘という最愛の家族が危険にさらされる中,再び,今は16歳となったアマンダの捜索に乗り出していくという物語である。
本作品は「スコッチに涙を託して」を第1作とするパトリック&アンジー・シリーズの最新作にして最終作品である。
シリーズ物は数多くあるが,作者であるレヘインは「シリーズ物には,しかるべき巻数というものがあると思っている。どんなシリーズでも終わるべきときというものがあるのだ。私は最終巻で主人公たちが死ななければならないとは思っていない。彼らはだた,さっていくだけだ」と言っていて,本作品をもってこのシリーズを終えようとする作者の意志が所々に散見できる。
単独の作品としても読み応えがあるが,さらに,パトリック&アンジー・シリーズを愛読していた者にとっては,より一層,本書は味わい深いものになっている。

ムーンライト・マイル

スポンサーサイト



今日の日付入りカレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
シンプルアーカイブ
リンク
FC2カウンター