fc2ブログ

Rosciglione, Michel「Tribute to Sam Jones」

Michel Rosciglione 「Tribute to Sam Jones」の紹介。
リーダーはベーシストで,1950年代に活躍したベーシスト Sam Jones へのトリビュート・アルバム。テナーサックスが入る3曲とボーカルが入る1曲を除く7曲がピアノトリオによる演奏。ここで試聴できる。



Massimo Faraò (p)
Michel Rosciglione (b)
Bobby Durham (ds)
Martin Jacobsen (ts) #5,9,11
Giorgio Rosciglione (b) #8
#01 Del Sasser
#02 I Got It Bad
#03 Girl Talk
#04 Unit 7
#05 Ask Me Now
#06 Sam Sack
#07 Minority
#08 Work Song
#09 This Way
#10 Monk's Mood
#11 Oleo
October//2004 (Azzura)

#01-ミディアムテンポの,力強いバップ演奏。ピアノ,ベース,ドラム全て歌っている。
#02-スローテンポの演奏。後半にボーカルが入る。
#03-スローテンポの演奏。ブロックコードを入れたピアノソロ。
#04-ミディアムテンポの演奏。ドラムソロが入る。快調なリズム。
#05-テナーサックスが入る。
#06-ベースがテーマを奏でるミディアムテンポの演奏。途中にもベースソロが入り,ベースがメインの演奏。
#07-アップテンポの演奏。疾走感が堪らない。ウオーキングベースソロもかっこいい。ドラムとの掛け合いもある。
#08-この曲だけダブルベースとなる。ミディアムテンポの演奏。テーマもダブルベースで演奏。
#09-テナーサックスが入る。
#10-スローテンポの演奏。
#11-テナーサックスが入る。

★★★★
今日の日付入りカレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
シンプルアーカイブ
リンク
FC2カウンター