fc2ブログ

Yamanaka, Chihiro「Madrigal」

山中千尋「Madrigal」の紹介。
彼女の三枚目のアルバム。ここで試聴できる。



Chihiro Ymanaka (p)
Larry Grenadier (b)
Rodney Greed (ds) #1,3,4
Jeff Ballard (ds) #2,5-9
#01 Antonio's Joke
#02 Living Time Event V
#03 Madrigal
#04 Ojos De Rojo
#05 School Days
#06 Salve Salgueiro
#07 Caravan
#08 Lesson 51
#09 Take Five
February/12,13,15/2004 (Atelier Sawano)

#01-ミディアムテンポのスイングする軽快な演奏。ピアノソロに続いてベースソロが短く入りラストのテーマに入っていく。
#02-リズミカルなミディアムテンポの演奏。ここでもピアノが歌っている。
#03-日本の童謡を思わせるスローなオリジナル曲。テーマに続いてベースソロが入る。ピアノはブロックコード演奏が主。
#04-ウオーキングベースがうなるアップテンポの演奏。ピアノも力強いタッチでメロディーを奏でる。
#05-この曲からドラムがRodny GreedからJeff Balladに替わる。重低音のピアノがテーマからソロに入る。ほとんど高音の鍵盤を使わないミステリアスな曲だが,決して重くない。フェードアウトは残念。
#06-ボサノバ風のアップテンポの演奏。ドラムが刻む音が心地よい。ベースソロが入り,ドラムのソロで終わる。
#07-すぐには「Caravan」とわからないテーマが流れる。ピアノソロはアップテンポでメロディアス。ピアノとドラムの掛け合いでエンディングを迎える。
#08-ベースのアルコ演奏でテーマが流れる。続いてピアニカによるソロ。バックにピアノの音が聞こえることから多重録音か? はたまた,右手でピアニカ,左手でピアノを演奏してるのか? ベースのアルコによる長いソロが入る。
#09-かなり崩した「Take Five」のテーマで始まる。躍動感溢れるピアノ演奏が素晴らしい。

★★★★★
今日の日付入りカレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
シンプルアーカイブ
リンク
FC2カウンター