スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノトリオという演奏編成

ジャズの演奏編成には,ソロ,デュオ,トリオ,カルテット,クインテット,…とあるが,トリオでの演奏,中でも,ピアノ,ベース,ドラムの,いわゆるピアノトリオによる演奏が好きである。
その理由はいろいろあるが,まず,ピアノ,ベース,ドラムという楽器の組み合わせの妙に魅力を感じる。ピアノが静かにテーマを奏で始めると,ピッチカートでゴリゴリと弾きながらベースが,スティックでシンバルを小気味よく叩きながらドラムが演奏に加わっていく瞬間などは,本当にため息が出るほどである。
次に,才能あるピアニストが次々と輩出されることも大きい。これはピアノという楽器の持つ普遍性が大きく関係していると考える。世界のあらゆる所で,老若男女問わず新しい才能が花開くことが期待できる。
さらに,演奏者全員が一体なって唯一無比の音の世界を創り上げる,あるいは,演奏者同士で丁々発止と遣り合うといったジャズの醍醐味を満喫するのに,三人という演奏者の人数は丁度よい。
ジャズの黄金期と称された1950年代に録音された演奏だけでなく,今の時代に録音された演奏を含めて,その中で選りすぐったピアノトリオによる演奏を紹介していきたい。

スポンサーサイト
今日の日付入りカレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
シンプルアーカイブ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。