fc2ブログ

Hey, Henry「Watershed」

Henry Hey「Watershed」の紹介。
Henry Hey (ヘンリー・ヘイ)の初リーダーアルバムで,#05の一曲を除いて全てオリジナル曲。低音重視のタッチが強いピアノ。同じフレーズを何度も繰り返す癖はあるが,録音状態が素晴らしく,ピアノだけでなくベース,ドラムの音もくっきりと聞こえる。
ここで試聴できる。



Henry Hey (p)
John Hebert (b)
Jochen Rueckert (ds)
#01 Motion View
#02 Sandscape
#03 Get Your Goat On
#04 Glenmore Story
#05 Nem Un Talvez
#06 Cobalt
#07 Knurl
#08 Laurito
#09 Not In So Many Words
May//2003 (Sirocco)

#01-ミディアムテンポの演奏。ピアノの音が力強い。ベースも引き締まった音でソロをとる。ドラムのシンバルの音もいい。
#02-スローテンポの演奏。メロディアスなピアノ演奏。
#03-ミディアムテンポの演奏。あるパートのリフレンインが多い。
#04-ミディアムテンポの演奏。ピアノが疾走感がある早いフレーズを奏で,緩急を付けた演奏。
#05-スローテンポの演奏。1分半ほどのピアノソロに続いてベースとドラムが絡む。リリカルではあるが力強いピアノ演奏が味わえる。
#06-ミディアムテンポの演奏。ピアノとベースのデュオに続いてドラムが参加。2分過ぎたあたりからアップテンポの快調な演奏になる。
#07-ミディアムテンポの演奏。
#08-スローテンポの演奏。
#09-ミディアムテンポの演奏。

★★★★

今日の日付入りカレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
シンプルアーカイブ
リンク
FC2カウンター